ご無沙汰してました。
やっとネットに繋げる環境が出来たので、近況を報告します。
(見てくれてる方はロシアの人ばかりかもしれませんが。android面倒くせえ。)


ちょっと前の事になりますが家が火事になりました。
家も家財も自分の大事(だと思っていただけで、単なるモノに過ぎない、と今はそう思います。)なコレクションもみんな焼けてしまいましたが、人的被害がなかったのが不幸中の幸いでした。


そして今週、やっと自宅に戻ってくる事ができました。
とは言っても車庫の2階を簡易的に改築した仮住まいですが、一月ぶりの自宅は格別なものがあります。


苦しくても音楽があれば、と思っていた事もありましたが、やっぱり衣食住足りての道楽なのだと痛感しています。
元どおりに戻ることは多分難しいと思いますが、また楽しく音楽が聞ける日が来ればいいなと思っています。(そんな事だけが辛い事ばかりじゃないしね。)
[PR]
少しだけどダービー当たったんで上半期は満足。ただ競馬はまだまだ続く。今週は安田記念。
注目は圧巻のドバイデューティフリー勝利のジャスタウェイ。馬場はかなり悪そうだが他が苦戦する分、向くのかもしれない。

①グランデッツァ 前走のレコード勝ちはちょっと信じられないような時計。それだけで買いの目はある。
②レッドスパーダ 8歳にして益々元気。得意の東京マイルで躍進といいたいところだが今回は相手が。
③カレンブラックヒル 前走で漸く復調。馬体は全く問題ないのだが。これで走れれば本物。道悪は上手そう。
④リアルインパクト 馬体はいつも良く見せるが前2走が案外。
⑤エキストラエンド マイル路線に転向してから成績は安定、相手関係はあるも一概に無視までは。
⑥グロリアスデイズ 3度めの挑戦も見込みなさそう。
⑦ホエールキャプチャ 変わらず順調。マイルは得意だが混合のGIと重馬場には実績がないのが残念。
⑧ミッキーアイル さすがに古馬に混じると馬体がまだ幼く見えるか。その勢いで道悪を味方にできれば。
⑨ダノンシャーク 見てすぐにわかるマイル体型。少し間は空いたが馬体は出来ている。得意の東京で。
⑩ジャスタウェイ 海外帰りの影響を全く感じさせない完璧な馬体。昨秋からの充実が著しい。
⑪ショウナンマイティ 復調は遅々とした感じで馬体もまだ緩さがある。
⑫グランプリボス 最近少し冴えないが馬体からはそれは感じられない。久々で立て直しで来てるか。
⑬フィエロ 前走初重賞でいきなりの2着。勢いがあるだけに並の実績馬相手なら通用もありか。
⑭クラレント さすがにGIになると少し足りないか。
⑮サダムパテック なかなか結果が出てこない。
⑯トーセンラー 体がすこしゴツくなった印象。マイルは得意で実績があるが左回りは決定的に不得手?
⑰ワールドエース 期待された馬が復調。距離はやはりマイルか。馬体も悪くないがもう一つ凄みが出れば。

馬場が不良らしく自信を持っての予想ではないが。。
◎ジャスタウェイ、◯ミッキーアイル、▲フィエロ、△グランデッツァ、エキストラエンド、ワールドエース
c0021870_1051433.jpg

[PR]
日本全国ダービー日和、暑すぎるくらいか?
競馬ファンはやっぱりこの日が近づくとワクワクしてくるのは仕方がないところだ。
ただ熱くなって予想しても結果はおざなりな予想してるときと何ら変わらないと気がついたのはここ最近のこと。たから今日もおざなりな予想でいつもどおり100円/点勝負だ。
皐月賞の結果をもって少しだけ力関係がはっきりしてきた感じ。やはりイスラボニータ中心と見るべきか。

①サウンズオブアース 安定はしているが今回はさすがに相手が揃ったと見て良いのでは。
②ワンアンドオンリー 前走より少しだけ馬体をくっきりと見せる。東京なら更に良さを出せるのではないか。
③マイネルフロスト 筋肉の盛り上がりが印象的な馬体。上位とは力差はあるが馬体だけなら魅力あり。
④アドマイヤデウス それほど大きく負けてはない前走をどう見るかだが距離延長はプラスか。
⑤トゥザワールド 毛ヅヤと張りとも満点。ただ皐月賞はあれだけ自分の競馬ができての敗戦。逆転までは?
⑥ショウナンラグーン 長距離向きな感じがする馬体は父譲りか。近走の充実ぶりは魅力も力差はあるか。
⑦ウインフルブルーム (取り消し)
⑧スズカデヴィアス やはりここでは少し厳しい。
⑨アズマシャトル ちょっと通用しそうにない。
⑩ベルキャニオン どっしりとしてバランスのとれた好馬体。東京コースも向きそうでちょっと注目して良い。
⑪ハギノハイブリッド 馬体重以上に大きく見せる馬体で筋肉の付き方も良い。東京向きの父の血で。
⑫エキマエ 芝の経験はあるがやはり砂でこそだろう。
⑬イスラボニータ まだ幼さも残る馬体だが逞しさは増している。それだけ伸びシロを持った馬ではないか。
⑭タガノグランパ 前走でも距離の壁と思われたのだが。
⑮サトノルパン 適性はやはりマイル前後で。
⑯レッドリヴェール 牝馬らしくふっくらとした馬体で毛艶も冴える。距離は明らかにこちらの方が良さそう。
⑰トーセンスターダム 馬体は変わりなく順調。全く見せ場のなかった皐月賞を見る限りここでも。
⑱ワールドインパクト 長目ばかり使われてきているが馬体からは距離はもっと短いほうが向きそう。安定味。

これはあまり迷わず決めることが出来た。こういう予想の時は当たる。当たればいいな。。
◎イスラボニータ、◯ベルキャニオン、▲ワンアンドオンリー、△トゥザワールド、ショウナンラグーン、レッドリヴェール
c0021870_10573388.jpg

[PR]
連休が終わって仕事が暇になり、仕事もないのに出社するのが辛くなり有給休暇を取得し東京へ遠征。
と言うのは無理やり付けた理由で、5/29の「よみうり大手町ホール」の公演チケットはかなり前に入手していたもの。せっかく遠征するのだからと、他に聞けそうなコンサートを探して、聞いてきたのが以下のコンサート。

5月29日11:00~ 東京藝術大学奏楽堂モーニング・コンサート第4回(2014)
5月29日19:00~ よみうり大手町ホールオープニングシリーズ ラ・プティット・バンド
5月30日14:00~ 新国立劇場 カヴァレリア・ルスティカーナ、道化師
5月30日19:00~ ヨハネッテ・ゾマー&コンチェルト・ケルン 紀尾井ホール

どれが本命なのかわからない感じなのだが、東京あたりで時間を持て余すよりは、時間に追われているほうが良いかな?空いた時間に映画を1本と、コーヒーショップで文庫本を2冊完読。

今週はダービーウィークと言うこともあり、新宿ではSHINJUKU DERBY FESTIVALが開かれていた。実物大のダービー馬馬像展示とかあって、4箇所で設置されているらしいが、見たのはタワレコのビルの前(と言うか新宿WINSへ向かう出口)でオルフェーブルを見つけた。いちおう展示馬はシークレット扱いらしいが、他の3箇所がディープインパクト、ウオッカ、キズナなんだろう。よくデキているけど、ま、ハリボテだ。
c0021870_20542991.jpg

初台から四ツ谷へ移動する途中、国立競技場が見えるが、ここへは残念ながら入場したことがなかったまま、取り壊されることになる。津田ホールへ行った時に廻りを歩いたことがあるだけ。アルビのレディースが国立に進んだ時に行けば良かったと後悔している。個人的にはこれだけ歴史のある建物は耐震補強とか増築でなんとかならなかったのかと思うのだが、保存するまでの価値はないという結論なのか。
その国立競技場、ちょうど今週がファイナルになるようだが、それは後で気がついたのだが、四ツ谷駅を出ると空を見上げる人、人。空を見ると6機のジェット機が白煙を伸ばしながら編隊飛行。ブルーインパルスだろうなって調べたらやっぱりそう。SAYONARA 国立競技場 FINAL “FOR THE FUTURE”で展示飛行するとのことだが、その予行演習なのかサービスなのか。また戻ってきて、多摩方面に消えていった。入間基地(横田基地?)へ向かったのか。
c0021870_2172477.jpg

最後は紀尾井ホールを出て新潟行新幹線最終で帰ったが、ホールを出たのが21時10分、これだと四ツ谷からもけっこうドキドキものだ。

コンサートの感想はと言えば、これだけ聞いた満足感はあるが、それでも今日聞いた新潟中央高校コーラス部のそよ風コンサート(新潟クラシックストリートでもほぼ同じプログラムだった。それで好印象を持って今日も聞いたのだが)の感動には及ばないから音楽は面白い。だって涙出ましたもん。
[PR]
予想が近づいて来たかと思えば遠ざかって行く、そんな感じの毎週。
ハープスターの1本かぶりだけどこの時期の3歳牝馬にとっては酷な距離でもある。逆に考えれば、どの馬にとっても厳しい条件なら単純に能力次第な感じもしてくる。
そう考えれば予想は易しいとも言えるが、何が起こるかわからないと考えることも出来るので、勝負は控えめにしたほうが良さそう。狂えば高配当、と言うのは小額勝負の身としてはいつも狙っているところではあるのだが。


①ベッラレジーナ 小ぶりな馬体だが張りはあるので細くは見えない。オープン連対はあるがGIとなると?
②ディルガ 前走は少頭数で恵まれた感じ。この相手だと少し厳しいか。
③マイネオーラム 相手なりには走れそうなのだがパンチ不足か。
④ペイシャフェリス 前に行けるのは魅力だがどこまで自分の競馬ができるかだろう。
⑤バウンスシャッセ 相変わらずどっしりとした馬体。牝馬どおしとなれば今度は違う結果も出るのでは。
⑥パシフィックギャル 骨太でがっしりとした馬体だが太め感なし。相手なりに走れるし安定感がある。
⑦シャイニーガール どっしとした感じの馬体。先行できれば流れ込みも可能。他馬との兼ね合い次第。
⑧サングレアル 軽量馬だが数字以上に馬体を大きく見せる。キャリアは浅いが競馬っぷりは大物感あり。
⑨ヌーヴォレコルト 1週前だとまだ余裕残しだが十分力強さがある馬体。初距離だが血統的には向きそう。
⑩ハープスター 明らかなマイラー体型なのだがやはり性能が違いすぎるのかも。東京ならなお良さそう。
⑪マーブルカテドラル 馬体は万全と言うかギリギリだが桜花賞以上。しかしやや伸び悩みな感じ。
⑫マイネグレヴィル 前に行ってどこまでか。
⑬ニシノアカツキ 距離延長は大丈夫だろうがやや印象薄。
⑭ブランネージュ 父によく似た馬体は血統の面白さ。距離延長は望むところか。堅実さを活かして。
⑮マジックタイム 肉付きの良さと毛艶の良さが印象的。調子は上向きには違いないが発馬に難あり?
⑯クリスマス 距離適性に疑問。久々もどうか。
⑰フォーエバーモア 地味なようだが筋肉はちゃんと付いている。東京は得意。
⑱エリーザベスト 条件戦を勝ち上がったばかりでは厳しい相手だが。

全馬を精査(という程ではないが)するとハープスターの人気も当然。2着探しがどんぐりの背比べ。距離適性を持ってしても逆転までは厳しそうな感じ。
◎ハープスター、◯サングレアル、▲ブランネージュ、△ヌーヴォレコルト、バウンスシャッセ、パシフィックギャル
c0021870_10515772.jpg

[PR]
c0021870_20332492.jpg結果:0-1

ゴールデンウィークが終わりアウェー柏戦で久々の敗戦、その後リーグホーム戦でかろうじて引き分けたものの、またまたナビスコカップのアウェー柏戦で同じ相手に連敗。この1敗でカップ戦の行方は余談を許さないものとなり、このゲームは絶対の勝利が必要だった1戦。
現時点でリーグ戦トップにいる浦和相手に、ホームゲームのアドバンテージを見せて互角以上の戦いはしていたと思う。相手には決定的チャンスを作らせなかった代わりに、こちらの決定的チャンスは全て外すという内容。ストレスが貯まるような戦況が続く。まあそれはいつものことで、何度も繰り返すことで精度を高めていくのが現時点での戦い方なのだと理解している。(下手な鉄砲も。。。?)ただゴール前での思い切りの悪さ、なぜシュートに行かない?というシーンを何度も見かけたのが実に残念。崩しは必要だと思うが、必要以上にクリーンなゴールを狙わなくても、というのと、少しもチャンスと思えないコーナーキックには、とにかく不満が残る。セットプレーの意味がまるでない。
相手のクロスが大野のOGになったのは仕方ない。清水戦の時の反対の結果になっただけだ。
ナビスコの予選突破の可能性はゼロではないのだろうが、夢スコアと他チームの結果次第と、非常に厳しい状況となった。
ホーム戦はあと2ヶ月先になるが、良くない印象のまま中断となる。せめて次の大宮戦、予選突破は無理だとしても、快勝でいい雰囲気で中断に入りたいものだ。
[PR]
今週も競馬。今日はヴィクトリアマイル。実績馬も上がり馬もいてなかなか難しそうだ。

①ストレイトガール コロッとした馬体は如何にも短距離馬。1200中心のローテーションでマイルは疑問。
②クロフネサプライズ 前走は着順ほどには負けてない。叩き2走目でどう変わるか。
③デニムアンドルビー 少し間があいたがそれは感じさせない馬体。忙しいのはどうかだが実績あるだけに。
④メイショウマンボ 実績なら他を圧倒するがいささかボテっと映る馬体。一叩きの効果が出れば。
⑤プリンセスメモリー 東京には実績はあるが相手がかなり強い感じ。
⑥ラキシス スカッとした馬体で調子は良さそう。距離が合うかは疑問だが消耗戦になれば浮上するかも。
⑦レイカーラ このクラスではパンチ不足。
⑧スマートレイアー シャープな輪郭の馬体はキレを感じさせる。コース実績もありマイルならなお良いか。
⑨ホエールキャプチャ いちばん得意な距離とコース。年齢的な劣化も感じさせずふっくらと見せている。
⑩キャトルフィーユ 相手なりには走れそうだがキレがない感じ。
⑪エバーブロッサム 昨年なら注目馬だが1年経って二桁着順が続きすっかり忘れられた存在に。
⑫ゴールデンナンバー 東京は向きそうだが競馬があまりに不器用。
⑬ケイアイエレガント 非常に充実した馬体で馬体重を感じさせず軽やかさがある。この勢いはここでもあり。
⑭ヴィルシーナ 昨年の勝利から成績は冴えないが馬体に問題があるように見えない。ここでもどうか。
⑮エクセラントカーヴ 小柄な馬だが馬体の張りは十分で大きく見せる。マイルの持ち時計から勝機もあり。
⑯ローブティサージュ 前走にようやく復調の兆し。ただ成長度はそれほどでもなさそう。
⑰フーラブライド 流線型の美しい馬体。初マイルになるが東京ならそれほど問題にならないか。
⑱ウリウリ 如何にもキレそうな絶妙な馬体。セクシーと言っても良い。展開が嵌れば。

ここは実績より調子の良さを重視したい。
◎ウリウリ、◯スマートレイアー、▲ホエールキャプチャ、△メイショウマンボ、デニムアンドルビー、ケイアイエレガント、エクセラントカーヴ
実績馬には敬意を表しメイショウマンボまで頭に。ちょっと買い目が多いなあ。。
c0021870_10403259.jpg

[PR]
c0021870_22244926.jpg結果:1-1

前節アウェー柏戦で久々となる2敗を喫した新潟、リーグ戦中断前の1戦は名古屋を迎える。
最初、トリッキーな動きを見せる玉田から出たボールに永井の飛び出しを抑えきれず早々に先制される。しかしここからが最近の新潟の持ち味と言うか、田中達也の鮮やかな同点ゴールが決まり同点に追いつく。
その後はどちらもゴール前まで詰めるも点数が動かない。玉田、永井を抑えられてきたのは良いが、新潟も田中達也、川又も同じように抑えこまれる。前半終了前、決まったかに思われた川又のゴールはオフサイド。
後半防戦一方の名古屋を激しく攻め立てる新潟だが、最後の最後で精度を欠くところがあり、またも引き分けに終わる。川又であと最低2点は入れてもらいたかった試合ではあるが、これを繰り返していくしかないんだろうな。いつかは爆発するさ。きっと。
[PR]
先週の天皇賞で気分が上がってきた。競馬日和なのだが今日も家用で現地に行くことが出来ない。残念。
NHKマイルカップ、

①キングズオブザサン 前走は大敗で今回が初のマイル戦。流れに乗れるかどうか。
②タガノブルグ 順調に使い込まれてきていて馬体も問題なさそうだがマイルだとちょっと長いのかも。
③ダンツキャンサー スピードはありそうだが相手は一気に強化される。
④ロサギガンティア やはりマイル向きかも。皐月賞から間がないが馬体は良くなっている。
⑤ショウナンアチーヴ 1週前ではやや余裕残しな感じだがキッチリ差しきった前走から今回も注目。
⑥ベルルミエール 牡馬相手に善戦した前走。この距離なら見劣りすることはなさそう。
⑦ホウライアキコ 桜花賞で善戦が光る。能力的には負けてないと思うが。
⑧サトノルパン やや薄い馬体だがその分キレはありそう。上手く流れに乗れれば。
⑨アトム 全体的にパワフルな馬体で久々は感じられない。能力もおそらく足りていると思う。
⑩ミッキーアイル 首が実にパワフル。連勝中の勢いもあるし安定味も光る。自分の競馬が出来れば。
⑪カラダレジェンド 重心が低いがやや詰まり気味な馬体。東京もマイルも良さそうだが最近は不振。
⑫ショウナンワダチ 力強さを感じる馬体。東京もマイルも向きそう。
⑬アルマエルナト 相手なりに走れる良さがあり一概に無視するのは危険か。
⑭ウインフェニックス この馬も相手なりに走れるタイプだが⑬よりは落ちるかも。
⑮アドマイヤビジン ゆったりとした馬体は長い距離が向きそうだがこの距離でも走れそう。ただ牡馬相手で。
⑯エイシンブルズアイ 好調さを裏付けするように馬体を大きく見せる。距離もむしろマイルが向くか。
⑰マイネルディアベル 東京には実績があり叩いた効果もあるかも。
⑱ピークトラム 左回りとスピードに活きそうな馬場には向く。

もうあまり時間もないので勢いで予想。
◎ミッキーアイル、◯ショウナンアチーヴ、▲ロサギガンティア、△サトノルパン、ショウナンワダチ、エイシンブルズアイ
c0021870_10172684.jpg

[PR]
c0021870_22333979.jpg結果:2-1

連休最後の日、田植えも終わったせいもあるのかスタジアムは2層目までぎっしり。やっぱり満員のスタジアムは盛り上がる。
清水はこれまで戦ってきた相手の中ではいちばん手応えがあった、というより強かったというべき。ただどちらのチームも決定的な場面は少なかった。それでつまらない試合だったのかと言えば、そうではないのがサッカーの面白いところ。ヒリヒリするような激しい中盤の争いが実に見応えがある引き締まった試合。(同じオレンジでも大宮 相手だといつもグダグダになるのだが。。。)この試合の主役は川又でもなくレオ・シルバでもなく大前でもなくノヴァコヴィッチでもなく、ヨンアピンだった。
清水目線にはなるのだが、自陣ゴール前では体を張って新潟には決定的な仕事をさせず、新潟ゴール前でも攻撃参加と、レオ・シルバ級の働きを見せてはいたのだが、最後の最後であの結果。新潟の粘り強さにも驚かされたが、あれはちょっと不運。櫛引の位置取りも悪かったが、ほんとうに運がなかった。(新潟には運があった。。。)
これ、最後まで見ないで帰ったヤツ、けっこういただろう?
c0021870_22353818.jpg

[PR]
連休まっただ中、今日は天皇賞春。
昨日はクラシックストリートに参戦、そっちのことやLFJのことも書かなきゃと思っているけど(もはや確信犯?)、でも競馬場にも行きたいし、だけど天気が良いので家の周りの掃除や草取り。その前に天皇賞の予想。
皐月賞も当たるには当たったが、負けは負け。そろそろ盛り返したい感じ。

①アスカクリチャン 7歳にしては若々しい馬体ではあるが、どう考えてもここでは通用しそうにない。
②アドマイヤフライト 前走よりは走れるのだろうがGIではどうだろう。
③サトノノブレス 美術品のような漆黒の馬体は毛艶抜群で好調を匂わせる。ただこの舞台は少し厳しいか。
④サイレントメロディ この相手では明らかに苦戦。
⑤レッドカドー スタミナタイプの馬ではあるがスピード不足かも。
⑥ホッコーブレーヴ ボテっと見せる馬体ではあるが好調を裏付ける気配がある。力を付けて来ているかも。
⑦フェノーメノ 昨年とは勢いが劣るにしても実力はあるし、正攻法で競馬出来るのも魅力だろう。
⑧ゴールドシップ 叩かれて少し締まってきた。自分の競馬が出来ればだが瞬発力勝負ではやや分が悪い。
⑨タニノエポレット この馬も年齢よりは若々しく見せる馬体。ただ一気に相手が強化。
⑩フェイムゲーム もちろん距離は得意ではあるが、今までの相手とは相当な差があることも。
⑪ラストインパクト 菊花賞4着の実績もあるがそれほど長距離向きな馬体とは思えない。
⑫ウインバリアシオン 張りのある馬体は素晴らしい出来。距離延長は望むところで好勝負できそう。
⑬オーシャンブルー 有馬記念の激走は記憶に残るところだが当時の出来には及ばず。
⑭キズナ 長距離馬の馬体ではないが素晴らしい出来。前走は鮮やかだが一概には信用出来ない気も。
⑮アドマイヤラクティ ステイヤー体型ではあるが通用するのはGIIレベルまでか。
⑯ジャガーメイル さすがに10歳、もう上がり目は望めそうにない。
⑰ヒットザターゲット 相手なりに走れるタイプだが突き抜けるまでの力は感じられない。
⑱デスペラード 距離が伸びれば当然台頭。コース適性もあり注意が必要だがパンチ不足もあるか。

キズナが断然人気だがこの距離でも大丈夫なのか。距離の向くゴールドシップは注文が付くし、昨年の天皇賞馬のフェノーメノも過程に疑問符が付く。ならばと、ウインバリアシオンが押された感じで本命。
◎ウインバリアシオン、◯フェノーメノ、▲キズナ、△ゴールドシップ、デスペラード、サトノノブレス
勝負!と行きたいところだが、深追いは禁物。
c0021870_123849100.jpg

[PR]
c0021870_11494071.jpg結果:1-1

自賠責の切れていたバイクは更新して今年初の参戦。やっぱりバイクは気持ちいいし機動力抜群である。
今年の神戸の躍進はたいしたものだ。マルキーニョスとペドロ・ジュニオールが効きすぎている。まああの二人を止めるのは堅守を見せる新潟DF陣にとっても相当に困難だろう。シンプリシオが出てないだけ儲けモンかもしれない。
そんな神戸ではあるが外人部隊だけでなくその他の選手の動きもいい。やっぱり好調を持続させてるだけのものはあると思った。チーム全体が自信に漲ってるような感じだ。ちょっと格上のチーム(もちろんリーグ戦の順位も上だけど)に見えてくる。このあたり同じJ1帰りとは言えG大阪には感じられなかったところ。
新潟も頑張ってはいたが、ほんの1回のミス、それもレオ・シルバから、でやはりPJに決められてしまった。
でも、この前の甲府戦で見せた最後の悪あがきというか、最後の最後でエース川又が同点弾を体ごと押し込んでドロー。
神戸はなんでPJを下げてしまたんだろう。いちばん怖い選手だったのに。まあ、どこのチームもこの連戦のことを考えているのだろう。新潟もレオなんか大丈夫かな?もちろん下げるわけにはいかない大事な選手だけど。今年のスケジュールはワールドカップがあるとはいえ、ちょっと異常だな。
[PR]
c0021870_1115364.jpg
結果:0-0

新潟なんてそんなに強いチームじゃないのはわかっているし、最近は相手から研究もされているので、こういう試合になることや結果もまあ予想できたといえば予想できた結果ではあるが、なんかね、あれはどうなんだろう。結果で見るよりは相手の攻撃もあった気はするけど、決定期を作らせなかったのは確か。でも新潟も拙攻に過ぎるね。
負けなくて良かったが勝てる試合だったと思う。
[PR]
桜花賞を忘れていたわけではないが、仕事を言い訳に休んでしまった。競馬のことでも書かなきゃもうこのblogも終了ってことなので皐月賞の予想。忙しいと言いながらもヤノフスキのラインの黄金を聞きに東京へ出かけたりもしたが、コンサートはこの1ヶ月半でそれくらいのもの。キルヒシュラーガー来日中止は残念もその1日が貴重な一日となり助かったと言うべきか。多忙な毎日も連休前にはなんとか終わりを迎えることが出来そうだ。
ちょっとクラシック戦線に乗り遅れた感じで皐月賞の傾向がわからないが、コンビニでちらっと見かけた専門誌でも予想は思ったより割れているように見えた。

①ワンアンドオンリー 胴長な馬体は父を思わせる。休み明けを叩いて前走の末脚を発揮できれば。
②イスラボニータ 馬体重以上に大きく見せる充実の馬体。負けたのは桜花賞馬だけと戦績も充実。
③クラリティシチー 骨太のゴツい馬体。相手なりに走れるところはあるがどうしてもそこ止まりな印象。
④クリノカンパニー 相手が強すぎる。
⑤アデイインザライフ キャリアは浅いが堅実味が光る。器用さはなさそうなので上手くレースに乗れれば。
⑥アドマイヤデウス 地味だがこの距離は得意で相手なりに走れる。無視はできない。
⑦トーセンスターダム 派手さはないが堅実な競馬っぷりは光る。初コースと初距離をこなせれば。
⑧ステファノス 今度は相手が違うので。
⑨スズカデヴィアス 相手が一気に強化される。
⑩ベルキャニオン 前走は人気を裏切る形になり今度は人気薄か。気性の悪さが出なければ。
⑪ロサギガンティア 父によく似た漆黒の馬体。条件戦からGII勝ちと勢いがあり距離をこなせれば。
⑫タガノグランパ この距離は経験があるが前走前々走から一気の距離延長は気になる。
⑬キングズオブザサン 一線級に入るとやや見劣るか。
⑭バウンスシャッセ 腹袋が大きく逞しい馬体は最初牝馬とはわからなかった。紅一点挑戦の意味はあるか。
⑮コウエイワンマン 1勝馬でこの相手では。
⑯アジアエクスプレス 休み明けを叩いた馬体ははち切れんばかり。もしかしてら距離がネックかも。
⑰トゥザワールド やはり兄弟、馬体は似てるが全体的に筋肉質で筋っぽい。常識的に1番人気は納得。
⑱ウインフルブルーム ぎっしりと実の詰まった馬体だが好きな形ではない。競馬は上手そうで堅実さあり。

迷う。人気通りに買わないのはへそ曲がりだから。結果は一緒か。ワンアンドオンリーまで頭に。
◎イスラボニータ、◯アジアエクスプレス、▲トゥザワールド、△ワンアンドオンリー、アデイインザライフ、ロサギガンティア
c0021870_11301026.jpg

[PR]
c0021870_10523575.jpg結果:1-0

仕事の都合でサッカー観戦も何試合かパスしてきたが、忙しい中でもポッカリと空いた時間で平日のナイター観戦に出かけてきた。
もう散り始めかと思われた桜も鳥屋野潟周辺はまだ見頃。週末の広島戦でもまだ大丈夫そう。
ナビスコ杯では好調の両チームの戦いになるが、甲府はメンバーをかなり入れ替えてきている様子。新潟も少しだけ若手を器用、注目はボランチに入る小泉選手。
キビキビをした小気味の良いゲームではあるが、サイド攻撃にどうにも活気がない。特に右サイド、川口のところでどうしてもボールが止まる感じ。昨年はこんなじゃなかっただろう?と思っているうちにジンスと川口は交替させられてしまう。甲府の守りも固かったが、連戦の疲れもあるのだろう、どうにも崩し切れす、逆に鋭いカウンターを見せられることが多かった。3人目の交替で成岡が入ると攻撃にアイデアが出てきて活性化してきた感じ。成岡はいつもはレオ・シルバの影に隠れているが、いい選手だなあ。
甲府相手にドローか、と思ってた最後の最後で鈴木の劇的ゴール。
やっぱり見に来て良かった、と思える結果。気が早いが今年はナビスコも予選突破出来るかも?
[PR]
筆者さえ訪れることが無くなったが、どっこいまだ続いています。久しぶりの投稿。
別に競馬なんてやらなくてもいいし、音楽だって聞けなきゃ聞かなくていい。
ただ、ジェンティルドンナとジャスタウェイの活躍には刺激を受けて高松宮記念に参戦。

①マジンプロスパー 馬体は叩いた効果が見られるが大舞台での一押しが足りないか。
②サクラゴスペル ちょっと相手が強すぎるか。
③サンカルロ 8歳でもまだまだ馬体は若い。かえって短距離馬らしさが増しているのではないか。
④レッドオーヴァル 初距離で望むレース。展開に恵まれないと出番はなさそう。
⑤コパノリチャード 完成度の高さを感じる馬体。初距離になるがスピードを活かせれば対応はできそう。
⑥リアルインパクト 馬体は何ら問題はないが短距離での出遅れは致命的なだけにその癖が心配。
⑦レッドスパーダ 年齢を感じさせず元気一杯な馬体。速くなり過ぎなければ。
⑧ガルボ この馬も年齢を感じさせない馬体とレースっぷり。ただ勢いといった面では物足りなさも。
⑨ストレイトガール 初めて見る馬だが如何にも素軽さがありそうな馬体。高速馬場への対応もOK。
⑩シルクフォーチュン 芝のこの距離にあえて出てくるのは非常に疑問。
⑪インプレスウィナー 距離実績はあるがさすがに今度は相手が違う。
⑫ハクサンムーン 前走の大失速で評価を下げているが馬体もまだ緩さがありそう。ただ今回は中京なので。
⑬アースソニック 距離は合うが前走は負け過ぎ。
⑭レディオブオペラ 筋骨隆々の馬体だが牝馬らしい丸さも残す。この馬体がスピードに乗れば巻き返しも。
⑮スマートオリオン 成績を見れば確かに急成長だが馬体もそれなりのものがある。疲れは感じられない。
⑯エーシントップ 元々は芝で走ってたが最近の路線変更はどうした?
⑰スノードラゴン 芝でも走れることは証明できたがはたしてスピードについていけるか問題。
⑱マヤノリュウジン 最も合うのはこの距離なので無欲で走ればいいのか。

簡単に予想、と言いたいところだが本命不在な感あり。人気通り行くか。
◎ストレイトガール、○レディオブオペラ、▲コパノリチャード、△ハクサンムーン、スマートオリオン、マヤノリュウジン
少し手広く。
c0021870_9175354.jpg

[PR]
c0021870_9534174.jpg結果:1-0

3連休に休まず働いて、日曜の午後だけは観戦。ホーム初戦のガンバ戦にくらべると気温が全然違って過ごしやすい。鳥栖は新潟と同じくハードワークしてくるチームだが、同じタイプではなくあちらは少々荒っぽいと言うのが自分の印象。この試合もそんな感じ。川又も武蔵も鳥栖のDFに止められることが多かったが、前半の終わりの方で波状攻撃が決まり先制。後半は防戦一方な感じではあったがどうにか逃げ切れた。選手交代なしの試合も珍しいが、交代するとそこから綻びが出そうな感じもあったのでこれでよかったのか。
こういう試合でも勝ちきれたことが最大の収穫だろう。
[PR]
c0021870_058455.jpg結果:0-2

2014年シーズンのホーム開幕戦。朝起きると外が真っ白だったが試合開始前には晴れ間ものぞく。ただ、風が吹くと非常に寒い。Nスタンドで観戦していると命の危険すら感じてくる。
今期初戦を快勝した新潟、その勢いをかってホーム戦でも理想的な立ち上がりを見せる。前半に惜しいシーンがいくつかあったが得点をあげることは出来ない。このあたりが新潟の弱点だ。ちょっとだけ嫌な感じを残した後半、それこそ今までに何回も見て来てきたようなセットプレーとカウンターで2失点。
それでもこの時期でこの戦いが出来るというのは、少しは期待して良いのではないか。川又は前節の怪我の影響なのか、または当然厳しくマークされてやや動きが冴えないが、他の選手の動きはなかなか良い。亜土夢のシュートが枠に飛ぶようになったのは今年から背負った10番のせいか?でもプレースキックは亜土夢以外に蹴れないものか。あとは守田の脚元?
今日一番の注目は素晴らしいキレを見せた田中達也。一人次元の違う動きを見せていた、と言っては言い過ぎだろうか。
足りないのはゴールだけだった。
[PR]
新年初投稿、でももう2月も末だ。
コンサート通いも続けてはいるが、投稿するのは競馬予想だけという体たらくぶりがもう3年?一月に一回でも、と思ってはいるが思っているだけみたい。
新年初の競馬はフェブラリーステークス。ダートの新ヒーロー、ベルシャザールがここでも無双ではないだろうか。

①ゴールスキー 熟年での路線変更だが成績は安定。たださすがに今回のメンバーは強いか。
②ベストウォーリア 大型馬で魅せる馬体は如何にも力がありそう。顔付にもその気性が現れている。注目。
③ソロル ここ最近の成績は安定しているが、さすがに今回はメンバーが違うか。
④ワンダーアキュート 8歳だけに大幅な変わり身はないが高度に安定。東京はこの馬にとって最適。
⑤エーシントップ 前走は58kが堪えたらしいがそんなレベルの馬体じゃないよね?
⑥ノーザンリバー 盛り上がった筋肉が印象的だが明らかに短距離向き。この距離とメンバーでは微妙。
⑦ニホンピロアワーズ パワフルな馬体で明らかなダート馬。実績もあるが東京マイルが初めての件。
⑧グランドシチー この馬も年齢を感じさせない。1800m専門みたいだが末は確かなだけに。
⑨アドマイヤロイヤル 馬体に重さを感じさせず好調。距離は伸びるがむしろこっちのほうが良さそうな。
⑩ドリームバレンチノ ローカル専門な感じ。
⑪ベルシャザール 大きな馬体だが割りとスラっとしていた馬体に重量感が出てきた感じ。東京は向く。
⑫ブライトライン この馬も大型馬だが素軽さがある。実績もあるので侮れないがなんだか地味。
⑬コパノリッキー クラスの壁を感じる前2走。
⑭ダノンカモン もう大幅な変わり身は見込めない。
⑮ホッコータルマエ 貫禄十分の馬体。順調に使われてるのは心強い。軽いダートより深いダート向き?
⑯シルクフォーチュン 年齢を感じさせない若々しい馬体。末一手の戦法ではあるが東京ならと思わせる。

ダート専門家が揃って楽しいレースだ。実績ならホッコータルマエだろうが中央、そして東京コースならやはりベルシャザールで良いのではないか。
◎ベルシャザール、◯ホッコータルマエ、▲ワンダーアキュート、△ベストウォーリア、ニホンピロアワーズ

今年初のレースは景気良くいきたいものだ。
c0021870_11524366.jpg

[PR]
有馬記念がやってきてようやく年の瀬を感じたところ。大掃除を始めなくちゃ。
オルフェーヴルなんか出てくると馬券的に妙味がなくてつまらないが、予想が当たらなくちゃ元も子もない。
今年は馬券は不調、このレースだけで巻き返すことができればだが、1行前に戻る。
但し今年はPAT口座には一度も入金することがなかったのは、年間を通して楽しむことが出来たんじゃないかと思っている。
有馬記念は馬券じゃなくて勝負を楽しむレースなので予想も気を抜いて。

①ダノンバラード 前走の負け過ぎが気になるが馬体からは好調さが伺える。人気を落としていれば買いか。
②ヴェルデグリーン GIに入ると力不足はイナメナイヨネー。
③カレンミロティック 休み明けを快勝、馬体もしっかりしているがやはり実力差が問題になりそう。
④ウインバリアシオン 叩き2戦目で早くも仕上がりきった馬体を見せるが人気2頭とはやや差があるか。
⑤デスペラード ここに来ての好調は馬体回復が大きく今回も大丈夫。ただ2500mでも距離が足りない。
⑥オルフェーヴル はち切れんばかりの馬体だがもっと絞れるんじゃないかというようにも見える。
⑦タマモベストプレイ あえて出走してくるのはなんらかの勝算があればいいのだが期待は入着級で。
⑧ラブリーデイ 相手なりには走るのだろうが重賞勝ちもないところでの挑戦は無謀。
⑨ルルーシュ 皮膚の薄さ、筋肉の張り、いずれも文句なしだが結果があまりついてこない馬で。
⑩アドマイヤラクティ ピカピカの馬体で絶好調か。東京よりは中山が向きそうで。
⑪ラブイズブーシェ 明らかに相手が揃った。
⑫テイエムイナズマ 買いは鞍上のみ。
⑬トゥザグローリー 張りがあっていい馬体だけどもはや勢いはなさそう。
⑭ゴールドシップ 馬体は前走時と変わらない感じ。競馬のやり方が難しい馬だけど中山は向くかも。
⑮ナカヤマナイト 馬体も問題ないし中山も得意だろうが結果が伴わないのはやはりGIではということか。
⑯トーセンジョーダン 年齢的に一変まではないと思うが馬体は完調時のもの。一発があればこの馬か。

オルフェーヴルは引退レースということで仕上げはメイチではないように映る。調教も動いているようだが併せた馬をかろうじてかわす程度、アリバイ調教か?過去にやらかした経歴もあるので全幅の信頼はおき難いのだが、それでもゴールドシップあたりとは実力に差があるような気がする。7割くらいの仕上げ、レースでも2着あたりには来るのではないか。そんな本命に◎を打つのは心苦しいので、ここはあえてトーセンジョーダンを本命にする。この馬、いつも書いているけど好きな馬体、それが戻ってきているように見えるため。3番手あたりはゴールドシップかもしれないが、ここも該当馬が居ないなかから前走重賞勝ちのデスペラードを指名。その後にゴールドシップ、アドマイヤラクティ、ダノンバラード、ここまで。
年末だし景気良く行ってみるとするか?
◎トーセンジョーダン、◯オルフェーヴル、▲デスペラード、△ゴールドシップ、アドマイヤラクティ、ダノンバラード
c0021870_10552478.jpg



あまり景気の良いことはない。。。。
[PR]